ミネラルファンデーション口コミ総合ランキング

HOME » 素肌力を向上させるためのミネラルファンデ初級講座 » ミネラルコスメに含まれる成分

ミネラルコスメに含まれる成分

ミネラルコスメ(MMU)のファンデは「つけたままでも眠れる」ほど肌に優しいのが特徴ですが、どうしてそのようなことが可能なのでしょうか。ミネラルファンデに含まれている一般的な成分は、酸化亜鉛・酸化チタン・マイカ・酸化鉄など。これらは天然の鉱物(ミネラル)であり、身体の機能を維持するために欠かせない成分なのです。

そのため、添加物が含まれている普通のファンデとは異なり、肌荒れする可能性が低いというワケです。

ミネラルコスメに含まれる成分

ミネラルコスメに含まれる、主なミネラル成分には以下のような働きがあります。

酸化亜鉛
白色の顔料として用いられる成分で、収れん・消炎作用を持っています。防腐性やUVカットの効果も得られます。

酸化チタン
クレイ粘土に含まれている鉱石。紫外線のA波を反射、B波を吸収する働きを持つ成分で、光の屈折率が高く、肌のデコボコをカバーしてくれる効果も期待できます。

マイカ
日本名で「雲母」と呼ばれる天然岩鉱物。非常に微細な粉状にできるため、肌にパールのような光沢感を出したり、キメを細かくする効果があります。

酸化鉄
その名の通り、鉄が酸化したもの。着色用の無機顔料として使用されます。毒性がなく、安全性が高いのが特徴です。

シリカ
毛穴を目立たなくしたり、感触を良くする成分。また、皮脂や汗を吸収したり、不透明にする性質があります。シリカは土や水中など身の回りに溢れているもので、毒性はなく、安全な成分だといわれています。

デリケート肌の方はこの成分にご用心

ミネラルコスメ(MMU)を選ぶ際には、ぜひ配合されている成分をチェックして欲しいと思います。とくに敏感肌・乾燥肌の人が気をつけたい成分を、以下にまとめておきました。

  • 「オキシ塩化ビスマス」
    オキシ塩化ビスマスは肌にツヤ感などを与える鉱物由来の無機顔料で、ミネラルファンデにも配合されていることが多い成分です。もちろんミネラルの一種なのですが、敏感肌・乾燥肌の人が使用すると、かゆみ・湿疹・ニキビなどの原因になることが…。肌がデリケートな人は、この成分が入った製品は避けた方が良いでしょう。
  • 「タルク」
    タルクとは滑石のことで、肌を滑らかに整える働きを持ち、ベビーパウダーなどに用いられている成分です。使用感は良いのですが、毛穴を詰まらせる恐れがあるのです。肌へのダメージ減を考えるなら、タルクフリーの製品を選ぶようにしましょう。

ミネラルファンデの偽物に注意!

「100%ミネラル」と謳いながら、それ以外の成分が含まれているミネラルコスメも少なくありません。ミネラルファンデの構成成分である、酸化亜鉛・酸化チタン・マイカ・酸化鉄などのミネラル成分が一部含まれているというだけで、製品名に「ミネラル」と付けている製品もあるので、注意が必要です。

製品を選ぶ際には、まず成分表示をチェックすることが大事。そして、以下のような成分が入っていないか確認してみましょう。

  • 合成界面活性剤
    肌バリア機能を壊し、乾燥を招くので注意。ラウリル硫酸ナトリウム・ステアリン酸グリセリル・PEG~・ポリソルベート20など。
  • タール系色素
    赤○○・黄○○・青○○・○色○号のように表示されています。
    石油から分離・合成された合成色素。発がん性やアレルギー、シミ・くすみなどの原因が懸念されます。
  • パラベン・エデト酸・フェノール
    防腐剤として添加。刺激が強く、湿疹やかゆみの原因になることも。
  • 酸化防止剤
    ジブチルヒドロキシトルエン・パラクロルフェノール・オルトフェニルフェノールなど。

以上のような成分が入っているものは、ミネラルファンデとは言えません。ただ、このような使用を控えたい成分は、上記に挙げた以外にもたくさんあります。

基本的に、ミネラルコスメは「肌に余分なものをつけない」ことがコンセプトなので、配合されている成分は4~7種類と本当にシンプル。表示成分の数がやたら多いものは、「偽物かもしれない」と疑ってみると良いでしょう。