ミネラルファンデーション口コミ総合ランキング

キレイに仕上がるメイク法

ミネラルコスメでメイクをする際、今までのファンデとは使い勝手が違うため、普段ブラシを使い慣れない方は、戸惑ってしまう人も少なくないはず。ですが、この使い方に慣れると、カンタンにメイクを終わらせることができますので、とっても楽なんですよ!ぜひミネラルメイクアップのコツをつかんで、キレイな素肌メイクを手に入れてくださいね。

ミネラルメイクアップでは事前準備をしっかりと!

ミネラルコスメを上手に使うには、事前の準備が重要です。

まずはスキンケア。ミネラルファンデには油分が含まれていないため、肌がベタベタしているとパウダーがムラになったり、化粧崩れの原因となります。スキンケア用品は油分が含まれていないものか、ごく少量のものを使った方が◎。日焼け止めクリームなどを塗りたい場合も、できるだけ薄く塗っておくのがコツです。

そして、ファンデーションを付ける前には、肌がサラッとなるまで時間を置くことをオススメします。急いでいるときは、ティッシュオフしてベタつきをおさえてくださいね。

本来、ミネラルファンデに下地は必要ないですが、使用する場合はオイルが入ったリキッドタイプより、パウダータイプの方が合うようです。オススメは、絹(シルク)パウダー。オイルコントロール機能がとても優秀で、過剰な皮脂を吸収して化粧崩れを防いでくれたり、乾燥を和らげる効果もあります。

また、粒子が細かく毛穴をカバーする働きもあるため、仕上がりがワンランクアップするというメリットもありますよ。

ミネラルファンデの塗り方

ミネラルファンデは、付属のブラシ等でメイクをしていくのが一般的な方法です。パフを使用していた人にとっては慣れるまで大変かもしれませんが、上手に仕上げるためにはブラシがオススメ。ここでは、ブラシを使って上手にメイクをしていくコツを説明していきます。

  1. パウダーをブラシに少量つける
    容器の蓋などにパウダーを少量出し、ブラシに含ませていきます。ブラシをくるくる回すように含ませていくのがコツ。
  2. 余分なパウダーを落とす
    ブラシに取ったら、軽くトントンと余分なパウダーを払い落します。取ったパウダーをそのまま付けると、付きすぎてムラになってしまうので注意。
  3. 肌に付けていく
    肌の上でクルクル円を描くようにして、パウダーを乗せていきます。

上手に付けるコツは、何といっても「付けすぎないこと」。1.2の手順を繰り返し、少量ずつ重ねて塗っていくのが上手に仕上げるコツです。シミなどの特にカバーしたい部分は、小さなブラシで個別に対応すると良いでしょう。

また、ニキビなどの肌トラブルがある部分には、ミネラルパウダーコンシーラーを使用するのも◎。使い方は、ミネラルファンデを使用する前に、少量のコンシーラーを気になる部分に細かく重ねづけしていきます。この時、一度に大量の粉をつけるとムラになってしまいますので、注意しましょう。

よりキレイに仕上げるコツ

ミネラルファンデを使ってキレイに仕上げるには、ブラシ選びがとても重要です。各製品には専用ブラシなどが付いていたりしますが、「使いにくい」「肌に合わない」と思ったら、別の道具を使用してもOK。

ミネラルファンデと相性がいいのは、カブキブラシ・フラットブラシなどですね。毛にコシがあり、肌に刺激が少ないものを選びましょう。

パウダーを肌に密着させるには、仕上げにミスト化粧水などを使うのもオススメです。メイクの上から吹きつけるとパウダーがピタッと密着し、自然なツヤを出すことができます。また、化粧崩れを防ぐには、スキンケアの段階で水分をしっかり補給しておくことが大事。さらに、化粧崩れがしにくいミネラルコスメを使えばバッチリですね!